FC2ブログ
topimage

(2018.4.14)新宿南口街宣 - 2018.04.15 Sun

昨日14日土曜日、角打ちさん主催による、
集団ストーカー犯罪周知の街宣(非告知)が、
新宿駅南口であったので、参加させて頂きました。
参加者は角打ちさん、他2名、と私です。

どうやらこの日の昼間JR東海道線の大田区内の踏切で人身事故があったらしく、
東海道線・京浜東北線で一時的な運転見合わせがありました。
今後土曜日に東京・神奈川を結ぶ路線で、
人身事故が増える様な予感が私はします。
どうしてそう思ったのか?理由はここでは記しませんが
(大した根拠ではないし、もったいぶるほどのものでもないですが)、
私だけではなく加害者もそう思ってるでしょう。
しかしこんなことを記すとたいてい結果は逆になるので、
土曜日に人身事故は増えないかもしれません。

それと外出する前、自宅周辺に湧いた、
創価学会信者の集団ストーカー犯罪者をいじってツイートしたからか、
最寄り駅に行くとすれ違い様に「頭おかしい」「キチガイ」と
ほのめかすメスブタ2匹がいました。
「ストーカーやってる創価学会員よりもマシだから大丈夫」
と言ったら黙ってしまいました。

DSCF7136_pconvert_20180415125421.jpg
新宿駅南口の前には献血バスが来てたので、
甲州街道を渡った反対側・バスタ新宿前で行いました。

DSCF7135_pconvert_20180415125305.jpg
どこで街宣したか判りますか?
新宿駅南口前の横断歩道が青になる度に、
多くの歩行者が渡って来られました。

大勢の中で集団ストーカー犯罪の周知街宣をされるのが
嫌なのか、何なのか、別に事情があるのか知りませんが、
短い街宣活動時間中にサイレンを鳴らした救急車が4台通りました。
その都度、街宣を中断することになります。

DSCF7142_convert_20180415125532.jpg
1台目(左に映ってるのは献血バス)

DSCF7143_convert_20180415125547.jpg
2台目

DSCF7144_convert_20180415125600.jpg
3台目

DSCF7145_convert_20180415125613.jpg
4台目

不要不急および必要の無いにもかかわらず、
110番や119番へ通報して動員するケースが多くて、
それが業務支障や財政圧迫をもたらすと問題になっております。

集団ストーカー犯罪のターゲットになった被害者になると、気付くと、
やたら救急車やパトカーを見掛ける様になります。

不要不急な不必要な通報の多くは、
集団ストーカー犯罪者群の連中ではないでしょうか?

それと「何の街宣やってるのかわからない」とかなんとか
110番通報があったらしく、原宿警察署の警察官が来て事情を聴いてました。

甲州街道を挟んだ新宿駅南口(ルミネ側)は新宿署(新宿区)、
私達がこの日いたバスタ側は原宿署(渋谷区)。

数か月後に改正東京都迷惑防止条例が施行されます。
集団ストーカー犯罪にある手口が対象として追記されてます。
集団ストーカー犯罪者をビシビシ取り締まって欲しいところです。

途中で何度か中断がありましたが、
全員で2回ずつ喋って実質1時間半ほど行いました。

主催者角打ちさん、参加者の皆さん、
お疲れ様でした、お世話になりました、ありがとうございました。

● COMMENT ●

ソウカガッカイは話題にしてはいけない

・元国鉄職員いわく、国鉄解体時の超大規模リストラに、宗教関係者の暗躍あり?

・自由党が暴力団を使えば暴力団とツーツーの仲になるように武力を使えばその代償は大きい。リストラに使ってしまった企業にもとうぜん・・・?

・以上のことから集団ストーカーなど、「ある一定の層」の人たちにとっては何をいまさら感・・?

・最先端の集団ストーカーは人間が自発的には動いているわけではない。神経制御、合成音声技術が使われている?

・人の心を読む技術。学会員は幼いころから心を監視され、「きこえない声」をいつもきかされている?
学会員の子供でも性格的に口を割りそうなタイプの子には、そういった一面をみせない?

(学会員の子どもで金髪でいつも集団で行動している人と、そうでないマイペースな子供がいたとしたら、後者はガッカイとアンチ創価の板ばさみで理不尽なイジメにあう可能性があり)


・アンチソウカは実は社会のいたるところ、教育現場でも実際にあるが、みんな知っているので「口をわらないだけ」。ソウカ、3色などはタブーワード。黙って、したたかに実行している。

集団ストーカーの招待

創価学会員も本気で総体革命が進んでいるなどおもっていない。アンチ創価の歴史を知っているからこそ、隠している。

仏敵だと判断してあえて雇用する会社だってある(もちろん仕事ができなければクビだが)。
学会は社会的勢力を偽造するのが得意だ。


人工音声技術や、電気信号による行動制御技術があることを知れば、ノイズキャンペーンがこわくなくなる。学会員や協力者に見せかけることができるのだ。

私がいまいってることをオカルトと思うならば、それでもいい。だけれども騙されたと思って、信じてみてしばらくそう信じて行動してみて欲しい。

それが確信に変わるはずだ。

誰もあなたを陥れようとはしていないし。社会は変わってない。


「電磁波による神経制御」により、まるで操り人形かのごとくふつうの人が表情を変えたり、変なことをいうのだ。


また変なことは合成音声技術によっても作られる。


オカルト的な技術が作る「場」にだまされてはいけない。

学会員は良い人格に見せることが総体革命の要件と信じている。だから、意味不明なことをとつぜん言うことはないのだ。

私の高校時代の友人に学会員が2人いたが、人間的にまことによくできていた。私はそういう宗教関係者とも知らずに、ずっと遊んでいた。

>最寄り駅に行くとすれ違い様に「頭おかしい」「キチガイ」とほのめかすメスブタ2匹がいました。「ストーカーやってる創価学会員よりもマシだから大丈夫」


合成音声技術によって作られている可能性が高い。そのときニヤけた表情も、電磁波による制御である。


信じないかはあなた次第だが、べつにあなたの郵便貯金の残高がへるような「実害」はないのだから、
こういったオカルト的な話を信じて、彼らに対する心象を悪くする機会を減らすことに、わるいことはないはずだ。

学会員も人である

私も会社を辞めさせられるときに、私立探偵の役者に恫喝されたり、バイクで急接近をして「何?」と意味不明なことをいわれたり、電磁波攻撃、音声送信など散々な目に遭った。

いろいろあってカラクリというか種明かしを、あえてむこうからしてくるようになって、ようやく作られた場であることがわかった。

そして色々と過去の体験などを統合し、高校時代に自分が書いた作文が仏敵に指定された原因だとわかり、そのときにクラスメートに、最低でも2人学会員であることがわかったし、

担任の先生がそのときから私に対する対応を変え、毎日のように人前では人格をこきおろし自殺しろだのわめきちらかしていたが、私とマンツーマンのときはきわめて優しかったことから、

要するに校内の学会勢力から私を庇護していたのだとも最近わかった。

私は色々な人たちの思いやりと言うのを、この年になってようやく気づいたのである。

また学会員自信も人間である。

私には三菱重工業に就職した友人がいるが、今思えば彼は学会員で人間的にまことによくできていた。

私が高校の頃、いつものように自己主張の強い政治的な作文を書いて、それを後ろの席にいる、彼にみせて笑いをとろうとしていた。

ところがそのとき私が書いた作文には確か「そうかがっかい」のワードがあったように思う。

彼はそのワードをみた瞬間表情を変えて、「そんなこといっちゃだめだよ~」
「いますぐ捨てろ!絶対に提出するなよ」と釘をさした。

学会員である国語教師にみられるのはマズいという、彼の親切心である。

ところが国語教師がやってきた、「どれみせてみろ」

国語教師はにんまり笑った。

「一度吐いたつばはのめんぞ。今なら許してやる。仏の顔も三度まで。
世の中にはな。タブーがあるんだぞ。

M(友人)は知ってるよな。うんうん。」

私は世間知らずだったので忠告を無視して提出した。その作文は全生徒に見られるものだ。

おそらくスタートはそこから始まっている。


この国語教師は作文が大好きだった。毎週のように書かせる。

高校3年間、毎週のように作文を書いていたら、おそらく自己主張の強い生徒のなかには、

キョーサントー的なものの考え方や、アンチソウカも発見できるだろう。
そういうのをあぶりだすためにやっていたんだろうな、と最近思う。


学会員と仲がよかった時代

私は前述のとおり、学会員と仲がよかった。

彼は私がわかってて好く付き合ってると思ってるのか知ってるのかは定かではないが、

「頭が良いね~」

とよくいっていた。一方でクラスメートにもう1人「仏敵」がいた。彼はよく仏罰が下るので、ソウカが大嫌いであり、Mくんのことを露骨にわるくいっていた。

私はそもそも「仏敵」に指定されているのにも気づかなかったので、Mくんといつも仲良くしていた。
もう1人、Tくんがいた。

Tくん、Mくんと、もう1人(非学会員)、ちょっと変わった子3人でいつもドンキホーテで遊んでいた。いまおもえば不思議な高校時代は送ったわけだ。

Tくんは高専進学後、三菱重工業、
Mくんは職業訓練総合大学校に進学後、厚生省管轄の、職業訓練指導員。
Iくんは大学院終了後、教員になり、いまは転職しSE
私は高専でて、大学やめたりして、紆余曲折してふらふらしていた時代が多いが、なんとか再就職が決まった。別に創価学会のせいではないとおもう。


この話が、そうかがっかいの集団ストーカーにあって人間不信になっている人の少しでも安心材料になればと思う。

以上

仏敵の進路

ちなみにガッカインのMくんのことをボロクソいっていて、高校時代が散々なめにあっていたクラスメートの子は、高専卒業後、某上場企業に就職して今でもよろしくやっているようだ。

創価学会の仏敵に指定されても、活躍している人は多いようだ。

結局は本人の努力か。


ちなみに私は創価学会と関係なく、生まれた瞬間から人生をあきらめているので自暴自棄で、

そのうち刑務所にでも入ろうかなと考えている。

私の父親は刑務所賛成派である。

「たった一度きりの人生だからなんでも体験してみろ」とせがれが刑務所に入ることを楽しみにしているようだ。


小さい頃から「生きているだけで十分だろ」「何も望むな」と教育され、

テストで取った点数は

「どうせカンニングだろ」

といわれて、


むしろ創価学会のほのめかしより酷いことを言われ続けてきた。


そんな状態に追い討ちをかけるように仏敵指定である。死にたくなる。

集団ストーカー

私の家庭はもともと、自爆テロを賛美するような教育をしていた。
「将来自殺したくなったら北朝鮮に池」「国会議事堂にレンタカー借りて突っ込め」など。
「どうせ20歳で病気で死ぬんだから」

などの教育である。私は家庭教育だけで終始していたら、実際に真に受けてそれをやっていたと思う。

ところが日本の教育制度が私を救ったのである。6-3-3-4教育制度のおかげで。
その教育制度のめざすところは、バランスの取れた人材の育成である。
アンバランス気味な人材は矯正されがちだ。

ガッカイインの教員は、そういう生徒に目をつける。

人に嫌がらせをすることはわるいことではないのだ。「私刑」は許される。私はそういことを学んだ。

私のおじさんは高校時代、集団リンチにあって学校を退学し、置いてあった自転車にちょっと乗っていっただけで10ヶ月刑務所に拘束された。

その後、創価学会の嫌がらせが身内に及ぶことを心配して失踪した。

私も同じ轍を歩む可能性はない。

私の場合、負けず嫌いである。集団ストーカーを依頼した人物がわかっている。

もしそうなったら


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ahoudorimetoo.blog.fc2.com/tb.php/831-0a8f57a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黄金町ポスティング «  | BLOG TOP |  » ハマスタがある横浜公園のチューリップ・2018春景色

twitter

集団ストーカーとは?

集団ストーカー総合情報サイト「GSCバスターズ」 ● 集団ストーカー.info  ● 集団ストーカー教程  ●周知チラシ(pdf・表面)周知チラシ(pdf・裏面)をご覧下さい。     ※個別の説明も下に記載

プロフィール

あほうどり

Author:あほうどり
神奈川県高座郡寒川町在住(自治基本条例施行済・町議会議長は公明党出身)
集団ストーカー被害者です。「在日創価部落はじめカルトな新興宗教・政治結社・労組・組織・企業」に紛れる一部カルトなプロ市民から、日常的に、組織的なストーキング・嫌がらせ(行動監視・つきまとい・罵声・奇声・騒音・デマ・ネットストーカー・その他)の被害を受けています。組織的なストーキングは脱法ストーカーで、警察など公の機関に訴えても事件化・社会問題化してくれない・・・


当ブログはリンクフリーです。

天気

集団ストーカーの説明

有名人でも著名人でもない、普通に暮らす一介の日本国民の一部を勝手にターゲットにして、朝から晩まで時には深夜にも及んで、大勢で入れ替わり立ち替わり、ターゲットに寄ってたかって、集団により組織的に、付きまとい、行動監視、誹謗中傷・恫喝・個人情報などのほのめかし、騒音、進路妨害他、ありとあらゆる迷惑行為・嫌がらせ行為をします。これらをまとめて集団ストーカー犯罪と言います。別名ガスライティングとも言い、現代の日本社会でも行われている、人権を踏みにじった犯罪です。                                        そしてこの行為は在日創価信者からされているという報告や元信者・現役信者による内部告発が多く上がっています。またそれ以外にも、官公庁・企業・組織・団体・個人事業主の中にも加担するところや加害者がいます。地域のネットワーク・業界のネットワークを通じて行われることもあるみたいで、これらのネットワークを通じて、ターゲットを不審者・犯罪者に仕立て上げて、加害を行うこともある様です。 商売上付き合いで、集団ストーカーに加担せざるを得ないこともあります。自分が協力しないと自分がやられる、自分の店で買ってくれなくなると。またターゲットが店舗に出掛けると集団ストーカーの構成員も来て利益が上がるので、協力するところもあります。会社ぐるみで集団ストーカーを行う大企業も一部あり、その中には、多額の広告費を出す大スポンサーになってるところもあります。マスメディアはこういう広告主が行ってることを批判できません。       ターゲットにされるいきさつですが、勧誘を断ったとか、個人的な逆恨みとか、地域内での結束を強める為に勝手にターゲットにされた他、そのいきさつは多岐に渡ります。             集団ストーカーでターゲットをどうしたいかといえば、ターゲットを精神病・自殺・犯罪に追い込んで、社会的に抹殺することです。集団ストーカーの協力者に対しては、別の理由(不審者だからとか、ターゲットを良くするとか、ターゲットが喜ぶとか、集団ストーカー行為を正当化する理由)を仕立てあげて、集団ストーカーを依頼することもあります。また集団ストーカー構成員に対しての脱会防止の見せしめになる様です。まさに、カルト的な発想です。            現在のストーカー規制法では、恋愛目的のストーカーしか処罰できません。大勢が集団により組織的に連絡を取りながら、ターゲットに入れ替わり立ち替わり寄ってたかって、付きまとい、嫌がらせをする行為を処罰できません。またこういった行為を取り締まる法や条例はありません。一部、法や条例に触れる行為を別件で通報するしかありません。警察や市民相談でも、泣き寝入りせざるを得ないケースが大半なのが現状です。

   

集団ストーカー犯罪を包括的に処罰する法律、加担する者や組織に社会的に制裁を与える体制を、現代の日本社会でも整備しなければ、現在の集団ストーカー被害者のみならず、「明日は我が身」で日本国民誰しもが、この犯罪に巻き込まれ、苦しめられることにもなりかねません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

集団ストーカー雑感 (111)
集団ストーカー被害動画 (3)
集団ストーカー被害者活動 (270)
未分類 (125)
鉄道・雑記 (150)
鉄道・トイレ (3)
風景 (71)
バス (57)
懸賞 (29)
ラジオ (41)

月別アーカイブ

被害の経緯

被害に気付いたのは2012年1月6日。気付いたきっかけは、自宅から駅までの道中、老人男と若い男2人が立ち、若い男に「キモい」と言われました。そして駅の中でパソコンをいじる若い女の前を通り過ぎるや否や、こっちを見ずに「キモい」と言われました。短時間に立て続けに言われるなんて、組織的な犯行だろうと。で、どういう訳か「集団ストーカー」という言葉を知っていて、検索したら、心当たりのあることばかり書かれていて、集団ストーカーの被害に気付きました。被害に気付いてからは、むこうの加害行為は激しくなり、今に至っています。主な被害は、不特定多数が入れ替わり立ち替わり私の周囲に現れ、私しか知り得ない個人情報や悪口のほのめかし、付きまとい・待ち伏せ・監視、騒音・奇声、鉄道・バス・エレベータ・店など、私がいる空間に限って異常に混雑することが多い、ATM等で暗証番号を打つ時に限って背後に現れて覗こうとする、等が中心です。しかしそれ以外の集団ストーカーでされるあらゆる被害にも遭っています。在日創価信者が中心であるとした根拠は、自宅周辺での嫌がらせを行う人間が、創価学会や公明党を支持している家を出入りしているのを高確率で目撃する。嫌がらせをする人間に対して「創価学会」に関するキーワードを逆ほのめかしした時の反応が尋常ではない。創価学会のパーカーを着用した人間に嫌がらせを受けたことがある。ブログにありますが、創価学会本部職員による付きまといがある。どこへ行っても、一定の嫌がらせがあり、全国的に集団ストーカーを工作するネットワークが作れるのは在日創価信者しかいない。また過去に在日創価信者が集団ストーカーをやってるとの証言が、内部告発、被害者有志が捕まえた工作員、裁判等で明るみになっていて、これらを根拠に考えています。しかし在日創価信者だけが担ってる訳ではなく、他の組織も絡んでいると推測します。それらの組織をネットワークで結んで、集団ストーカーシステムを機能させている、その大きな役割を在日創価信者が果たしていると思います。

訪問者数の累計

検索フォーム

QRコード

QR