topimage

TBSラジオ「談志の遺言2005」談志千社札 - 2017.03.09 Thu

引き出しを開けてゴソゴソしてたら、
野球シーズンが終わった2005年秋の平日(何曜日だっけ?)夜に
TBSラジオで放送された、稀代の落語家、故・立川談志師の番組
「談志の遺言2005」から送られた「談志千社札」が出てきました。
せっかくなので、ブログに載せます。

DSCF3276_-pconvert_20170309183152.jpg
「チャンネル・ロック」というTBSテレビの当時のキャッチコピーが入った
封筒で送られてきました。この頃既にラジオ事業を分社化してましたが、
封筒には「TBS」としか記されてなく、
テレビ・ラジオ共にこの封筒を使ってたと思われます。

DSCF3281_convert_20170309183109.jpg
挨拶状とのし袋。のし袋には「立川談志」の印。
番組のコーナーに投稿して談志師に読まれ、
その記念品(ノベルティ)として送られてきたのでした。
この頃既にEメールでの投稿を受け付けてました。
読まれた放送はカセットテープに保存してると思いますが、
カセットを再生できる機械を持ってません。
どんなの送ったっけ?youtubeにあるかな?
で、のし袋を開けると・・・

DSCF3274_convert_20170309183056.jpg
談志師の名言などが書かれた「談志千社札」が入ってたのでした。

そういえばイトーヨーカドーとかのパンフレットラックなどで配布してる
TBSラジオのタイムテーブルを見ると、創価学会員・ナイツの番組欄の色彩が
創価3色になってるのですが、創価学会員へのアピールではないでしょうか?
創価学会本部がある信濃町界隈の店とか創価学会マンセーな店の中には
色彩を創価3色にしてアピールする店があるらしいじゃないですか!

湘南飲料 国道134号線ウォーキングイベント - 2016.08.14 Sun

前々回・前回に続き、今回も海ものです。

今日は、神奈川県を放送エリアとするFMラジオ局の
Fm yokohama 84.7(FMヨコハマ)主催で
「湘南飲料 国道134号線ウォーキングイベント」がありましたので、
参加させて頂きました。事前申し込み無しの自由参加です。

湘南飲料は毎年夏に、
FMヨコハマでお馴染みの街角レポーター藤田雄一さんがプロデュースして、
サンガリアで製造し、神奈川県を中心としたサークルKサンクス各店舗で販売する
清涼飲料水。味は基本的にライム味で毎年微妙に味やパッケージが違います。
それでどこを取っても湘南要素が無い飲み物ですが、
目標売り上げ134000本を達成したのでそれを記念に、
国道134号線をウォーキングするイベントが開催されたのでした。

DSCF2174_convert_20160814223735.jpg
午前9時半にサンクス片瀬江ノ島駅前店の前に集合。
盆休みの午前なので、海水浴客や新江ノ島水族館客でごった返す中、
多くのFMヨコハマリスナーが集まってました。
100名以上いましたかね?知りません。

DSCF2172_convert_20160814223630.jpg
集合風景。真ん中の赤い帽子が藤田雄一さん。
左の店はハワイのハンバーガーを売る店、確か。

DSCF2175_convert_20160814223830.jpg
午前9時45分頃になったら出発。
国道134号線に合流して茅ヶ崎方面に向かいます。

DSCF2176_convert_20160814223951.jpg
国道134号線鵠沼海岸付近で、遅く歩く参加者の方を待ちました。

DSCF2182_convert_20160814224054.jpg
引地川の河口付近。川の向こうは江ノ島。
河口にはカヌーを漕ぐ方が結構いました。

DSCF2190_convert_20160814224250.jpg
ひたすら西に進んで県立辻堂海浜公園に到着。ここで休憩。

DSCF2197_convert_20160814224329.jpg
午前10時45分頃、公園内に入り休憩。
ここまでで70数名が残ってました。
休憩中はここで離脱される方に
ステッカーにサインをして渡したり記念撮影に応じたりしてました。

DSCF2198_convert_20160814224358.jpg
30分休憩を取って午前11時45分頃出発。

DSCF2202_convert_20160814224435.jpg
辻堂海浜公園から歩道橋を渡り国道134号線に合流。
歩道橋からは湘南の海が開けて見えます。

DSCF2204_convert_20160814224523.jpg
しばらく歩くと藤沢市から茅ヶ崎市に入ります。
防砂林の松林に挟まれた国道134号線を歩きます。

DSCF2220_convert_20160814224653.jpg
辻堂付近から防砂林に挟まれ歩道が狭くなります。
歩道が広いと複数で参加の方は横に並んで喋りながら歩きますが、
歩道が狭く1列に並んで歩くので黙々と歩いていきます。
お遍路さんというか修行僧というか従軍カメラマンというかそんな気分?

DSCF2229_convert_20160814224748.jpg
国道134号線は海沿いを通るものの、
辻堂付近からは海と国道の間に防砂林が入るので海は見えません。
ただ時折、防砂林の切れ間から海が開けて見えます。

DSCF2235_convert_20160814224846.jpg
茅ヶ崎のシンボル烏帽子岩。

DSCF2247_convert_20160814225133.jpg
ゴールの茅ヶ崎サザンビーチ店に到着。
だいたい距離にして7~8kmくらいでしょうか。
お昼12時半頃に到着したんじゃないかと思います。
最終的には何名の方が残ったのか知りません。

DSCF2243_convert_20160814225038.jpg
ゴールしたら集まってその後集合写真を撮って終了。
参加者の方にサイン入りのステッカーを配布し、
記念撮影に応じてました。

DSCF2252_convert_20160814225157.jpg
参加者に渡された参加証。
パウチでラミネートする配慮。
紙の参加証ですと、くしゃくしゃボロボロになったり、
汗で濡れることもありますからね。

DSCF2254_convert_20160814225219.jpg
ステッカーと参加証にサインして頂きました。

藤田雄一さん、FMヨコハマ関係者の方、
お疲れ様でした、どうもありがとうございました。

ラジオのイベントではコアな濃い感じのリスナーを見掛けますが、
その中にカルトな新興宗教信者が結構居るのでは?、そんな印象を受けました。

ラジオ日本の番組から年賀状! - 2016.02.16 Tue

2月15日(月)~21日(日)の1週間、首都圏でラジオ聴取率調査週間となり、
首都圏AM・FM各ラジオ局は特別番組・特別企画・特別ゲスト・プレゼント企画を
用意して、普段と趣が異なりちょっとしたお祭り騒ぎな感じになります。
首都圏では年6回偶数月に聴取率調査を実施してるみたいです。

アール・エフ・ラジオ日本(AM1422kHz・小田原AM1485kHz、
通称ラジオ日本・昔のラジオ関東)の番組から
新年1月に年賀状が2通届きました。

DSCF0721_convert_20160119154531.jpg
まずはラジオ日本小田原放送局限定ローカル番組、
「YUKKYのラジカルランド」から届いた年賀状です。元日到着。

通常親局AM1422kHzと小田原局AM1485kHzは同じ番組を放送しますが、
毎週金曜日昼12時30分から午後3時までの小田原局は親局と違う、
独自のローカル番組を編成して、その枠で生放送を行います(ただし毎月
第3金曜日は「ダイナレディオ!!1485」を鴨宮のダイナシティから公開生放送)。

年末の放送にメッセージを寄せたリスナーから抽選で送ったみたいです。
小田原ローカル枠の番組ですが、横浜市中区長者町の
ラジオ日本横浜本社のスタジオから生放送をしてます
(親局AM1422kHzで放送の「マット安川ずばり勝負」は
東京都港区麻布台のラジオ日本東京支社から生放送
ラジオ日本は横浜が本社であるもののほとんどの番組が東京支社発)。

「YUKKYのラジカルランド」を聴いて受信報告書を返信用切手とともに送ると、
ベリカードという絵葉書が送られますが、それについて以前ブログに書きました。
http://ahoudorimetoo.blog.fc2.com/blog-entry-535.html

DSCF0722_convert_20160119154543.jpg
「ラジカルランド」パーソナリティYukkyさん自作・直筆による年賀状です。

下に書かれた番組、「YUKKYのラジカルランド」、
「ロック・ラッシュ・レディオ」、「玄秀盛の駆け込みRADIO」は、
全部ラジオ日本の番組でYukkyが出演してます。
「ロック・ラッシュ・レディオ」は毎週金曜日深夜26時~27時30分、
「玄秀盛の駆け込みRADIO」は毎週火曜日深夜24時30分~25時で、
この2番組は親局AM1422kHz・小田原局AM1485kHz同時放送です。

DSCF0724_convert_20160119154554.jpg
続いて今度は毎週月~木の昼12時~午後3時までの番組、
「ヨコハマ・ラジアンヌスタイル」から届いた年賀状です。1月9日頃到着。

この番組は懐かしい邦楽を中心に新しい邦楽も網羅して掛ける音楽番組で、
横浜本社ビル1階「カフェ ラジアンヌ」から公開生放送をします
(祝日はカフェが休みなのでスタジオからの生放送か特別番組に差し替え)。

「カフェ ラジアンヌ」ではカレー・ケーキ・コーヒーはじめドリンクが楽しめ、
道路に面した窓際に放送ブースがあります。
メニューに番組名から取った?ハマイルカレーという週替わりのカレーです。
ブレンドコーヒーは300円で隣にあるスズシンコーヒーのブレンドです。
カフェには直接入れず、一旦ビルの玄関から入って右に進みます。
ここは土日祝日が休業なのでなかなか行けないかもしれません。
「カフェ ラジアンヌ」について以前ブログで記事にしました。
http://ahoudorimetoo.blog.fc2.com/blog-entry-508.html

あと「ヨコハマ・ラジアンヌスタイル」で5000円分クオカードが当たった記事。
http://ahoudorimetoo.blog.fc2.com/blog-entry-507.html

毎週木曜日にお笑い女性芸人「キンタロー」の元相方・東塚菜実子さんが
横浜界隈に出没してリポートする「東塚ティップス」というコーナーがあります。
1月7日放送のコーナーでクイズが出され正解者の中から抽選で送った様です。

DSCF0725_convert_20160119154608.jpg
年賀状は東塚さんだけではなく、
(月・火担当パーソナリティ)安田佑子さん、
(水・木担当パーソナリティ)栗林さみさんからも
メッセージを寄せたリスナーからそれぞれ個別に抽選して年賀状を郵送しました。
どなたのに当たってもデザインは共通で、各々方が直筆でメッセージを記した様です。

ちなみに2枚ともお年玉くじにハズレました。

Yukkyさん、東塚さん、ラジオ日本の方、
「YUKKYのラジカルランド」担当の方、
「ヨコハマ・ラジアンヌスタイル」担当の方、
当てて送って下さり、ありがとうございました。

ラジオ日本小田原放送局(中継局)の送信所 - 2016.02.15 Mon

アール・エフ・ラジオ日本(ラジオ日本、昔のラジオ関東)は、
神奈川県を放送受信地域として免許を与えられた県域放送局であるものの、
東京都はじめ関東一円にも電波が届いてリスナーを増やしたい思惑もあったのか、
東京都が目の前に見えるギリギリ神奈川県の川崎市側多摩川河川敷に親局送信所を
置きました。ところが小田原市はじめ神奈川県の西側・西湘地域で電波の入りが
悪くなったので、親局とは別に小田原市内に中継局を置きました。
親局が1422kHz出力50kWで小田原局は1485kHz出力100Wです。

毎週金曜日のお昼12時30分から午後3時までは、
小田原放送局独自にローカル番組を放送します。
原則「YUKKYのラジカルランド」で、毎月第3金曜日は、
鴨宮のダイナシティから「ダイナレディオ!!1485」を公開で生放送します。

ラジオ日本はラジオ受信の他にradikoを通じてインターネットで聴けますが、
小田原放送局の番組はradikoで聴けず、ラジオを持って受信エリアまで行くしか
ないです(東京・横浜からは相模川の西側辺りから入るのではないでしょう
か?静岡・熱海からはどの辺から入るのか判りません)。
金曜日昼12時30分~午後3時にradikoをラジオ日本にすると、
親局1422kHzの番組「マット安川のずばり勝負」が流れます。
小田原放送局の独自番組は小田原周辺でラジオでしか聴けない、
秘密放送みたいな感じがして、私としては心惹かれます。

DSCF0110_convert_20160127111158.jpg
小田急線の小田原の3つ手前の富水駅で降りて、
東方向に歩くと約15分程度で酒匂川を渡る橋に差し掛かりました。

DSCF0112_convert_20160127111217.jpg
南側・海側です。

DSCF0202_convert_20160127111526.jpg
山のほうを見ると酒匂川の対岸でアンテナが立ってます。

DSCF0214_convert_20160127111541.jpg
ズーム

DSCF0145_convert_20160127111424.jpg
酒匂川を渡って川に沿って北に向かってを歩きます。
この辺からは綺麗な富士山と丹沢の山々が見えます。

DSCF0124_convert_20160127111323.jpg
橋を渡って10分程度歩くと送信アンテナに近付きました。
合わせて富水駅から徒歩だいたい30分程度でしょうか。
軽自動車を停めて足を窓の外に投げ出して寝てるのがいます。

DSCF0125_convert_20160127111336.jpg
アンテナにズーム。
五角形の右側で鳥が休んでるの判ります?
電波を飛ばすアンテナで羽を休んでも平気なの?

DSCF0128_convert_20160127111348.jpg
反対側(東方向)に降りました。
ラジオ日本小田原放送局の送信アンテナです。

DSCF0131_convert_20160127111400.jpg
有刺鉄線で立ち入りできない様になってます。
日本テレビが大株主のラジオ局なのでテディベアが貼られてはがされてます。
ここには写ってませんが、さびてボロボロの郵便ポストがありました。
送信アンテナに郵便物を送るのはいないでしょう。無人化してるみたいですし。

DSCF0133_convert_20160127111411.jpg
銘板です。
「JORL」←コールサイン。電波にはそれぞれこんな感じで名前が付けられます。
ちなみに親局は「JORF」です。
親局と中継局が同じコールサインの場合は同一放送しかできなくて、
親局と中継局でコールサインが違う場合は中継局で独自放送ができるそうです。

DSCF0164_convert_20160127111436.jpg
更に東の方角に進み、神奈川県道711号線まで出て振り返って撮影。
県道沿いは工場が建ってますが、県道から離れると田園風景が広がります。
訪れたのが昨秋なので、稲刈り後の稲藁を干してました。

DSCF0168_convert_20160127111448.jpg
ズーム

DSCF0180_convert_20160127111459.jpg
更にズーム

受信状況ですが、送信所に近いので電波が強いですが、
工場が立ち並んでるので工場に近付くと、
電波が弱くなったりノイズが入ったりして、
送信所のそばだからといって安定して滅茶苦茶電波が
強い訳ではなく環境によって変わることを痛感しました。

おまけ
DSCF0246_convert_20160127111604.jpg
ラジオ日本小田原送信所の最寄り駅小田急富水駅です。
新松田~小田原の間にある小駅です。ここから3つ目で小田原です。
各駅停車と6両急行(通称赤丸急行[本厚木~小田原を各駅に停車])が停車しま
すが、特急ロマンスカーはもちろん快速急行や10両の急行がかっ飛ばします。
快速急行と10両の急行は新松田~小田原をノンストップ8分程で走ります。

DSCF0247_convert_20160127111618.jpg
小田急富水駅改札口

DSCF0250_convert_20160127111631.jpg
小田急富水駅の運賃表と券売機

DSCF0253_convert_20160127111646.jpg
小田原方面1番ホーム

DSCF0254_convert_20160127111659.jpg
新宿方面2番ホーム

ラジオ日本小田原放送局「ダイナレディオ!! 1485」の 受信報告書を送ったら・・・ - 2016.01.25 Mon

前の記事では、ラジオ日本には親局(1422kHz)と小田原放送局(1485kHz)があり、
小田原放送局では通常親局の放送を流すものの、金曜日昼12時30分~15時に
限って、小田原放送局限定の、radikoでも聴けない現地に行かないと聴けない
ローカル番組「YUKKYのラジカルランド」と「ダイナレディオ!! 1485」が放送
され、「YUKKYのラジカルランド」の受信報告書を横浜本社に郵送すると、
「YUKKYのラジカルランド」番組特製ベリカードが頂けるというのを書きました。

小田原ローカル枠の毎週金曜日昼12時30分~15時は基本的に
「YUKKYのラジカルランド」を放送しますが、月1回お休みになり替わりに、
東京・横浜側から見て小田原の手前・鴨宮から歩いて20分程度にある
大きいショッピングモール「ダイナシティ」のステージから
「ダイナレディオ!! 1485」が公開生放送されます。

では「ダイナレディオ!! 1485」の受信報告書を郵送したらどうなるか?
やってみました。

昨年9月18日(金)放送の「ダイナレディオ!! 1485」の受信報告書を書いて、
9月29日に返信用切手と一緒にラジオ日本横浜本社に郵送しました。
神奈川県を放送受信地域とし横浜市に本社を持つラジオ日本ですが、
実質的な本社機能や放送の大多数は東京支社なので、
通常、ラジオ日本の受信報告書は東京支社宛に送るのですが、
「YUKKYのラジカルランド」が横浜本社宛なので横浜本社宛に送りました。
そしたら・・・

DSCF0301_convert_20160119153437.jpg
待つこと1か月、10月末にラジオ日本から送られてきました。
消印が「赤坂」なので横浜本社から東京支社に転送したのでしょう。
小田原放送局の受信報告も東京支社が受け付ける様です。
ラジオ日本の関係者の方のお手間を大変煩わせてごめんなさい。

下部に英語で
We cofirm that you heard our JORL on 1485kHz at 12:30JST on 2015.9/18
と書かれてました。下線部は空欄になっていて、手書きで記入されてます。
親局と小田原局、どっちにも対応できる仕様にしたみたいです。

DSCF0303_convert_20160119153451.jpg
ベリカードを裏返すと、図柄が新しくなってました。
以前は横浜・みなとみらいの風景を図柄にしてましたが
(これも以前ブログに載せました。「ラジオ日本のベリカード」
http://ahoudorimetoo.blog.fc2.com/blog-entry-265.html
今度は吉田初三郎「神奈川県観光図絵」が使われました。
横浜・川崎を中心とした地図です。

まとめると「YUKKYのラジカルランド」以外のラジオ日本の受信報告は
全部東京支社が窓口となって処理を行うみたいです。
なので「YUKKYのラジカルランド」以外は親局・小田原局どっちの受信報告も
東京支社宛に郵送することになります。
また今回とは逆に「YUKKYのラジカルランド」の受信報告を東京支社に送った
場合は東京支社が通常の処理をして局発行のベリカードを送るのでしょうか。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

twitter

集団ストーカーとは?

集団ストーカー総合情報サイト「GSCバスターズ」 ● 集団ストーカー.info  ● 集団ストーカー教程  ●周知チラシ(pdf・表面)周知チラシ(pdf・裏面)をご覧下さい。     ※個別の説明も下に記載

プロフィール

あほうどり

Author:あほうどり
神奈川県高座郡寒川町在住(自治基本条例施行済・町議会議長は公明党出身)
集団ストーカー被害者です。「在日創価部落はじめカルトな新興宗教・政治結社・労組・組織・企業」に紛れる一部カルトなプロ市民から、日常的に、組織的なストーキング・嫌がらせ(行動監視・つきまとい・罵声・奇声・騒音・デマ・ネットストーカー・その他)の被害を受けています。組織的なストーキングは脱法ストーカーで、警察など公の機関に訴えても事件化・社会問題化してくれない・・・


当ブログはリンクフリーです。

天気

集団ストーカーの説明

有名人でも著名人でもない、普通に暮らす一介の日本国民の一部を勝手にターゲットにして、朝から晩まで時には深夜にも及んで、大勢で入れ替わり立ち替わり、ターゲットに寄ってたかって、集団により組織的に、付きまとい、行動監視、誹謗中傷・恫喝・個人情報などのほのめかし、騒音、進路妨害他、ありとあらゆる迷惑行為・嫌がらせ行為をします。これらをまとめて集団ストーカー犯罪と言います。別名ガスライティングとも言い、現代の日本社会でも行われている、人権を踏みにじった犯罪です。                                        そしてこの行為は在日創価信者からされているという報告や元信者・現役信者による内部告発が多く上がっています。またそれ以外にも、官公庁・企業・組織・団体・個人事業主の中にも加担するところや加害者がいます。地域のネットワーク・業界のネットワークを通じて行われることもあるみたいで、これらのネットワークを通じて、ターゲットを不審者・犯罪者に仕立て上げて、加害を行うこともある様です。 商売上付き合いで、集団ストーカーに加担せざるを得ないこともあります。自分が協力しないと自分がやられる、自分の店で買ってくれなくなると。またターゲットが店舗に出掛けると集団ストーカーの構成員も来て利益が上がるので、協力するところもあります。会社ぐるみで集団ストーカーを行う大企業も一部あり、その中には、多額の広告費を出す大スポンサーになってるところもあります。マスメディアはこういう広告主が行ってることを批判できません。       ターゲットにされるいきさつですが、勧誘を断ったとか、個人的な逆恨みとか、地域内での結束を強める為に勝手にターゲットにされた他、そのいきさつは多岐に渡ります。             集団ストーカーでターゲットをどうしたいかといえば、ターゲットを精神病・自殺・犯罪に追い込んで、社会的に抹殺することです。集団ストーカーの協力者に対しては、別の理由(不審者だからとか、ターゲットを良くするとか、ターゲットが喜ぶとか、集団ストーカー行為を正当化する理由)を仕立てあげて、集団ストーカーを依頼することもあります。また集団ストーカー構成員に対しての脱会防止の見せしめになる様です。まさに、カルト的な発想です。            現在のストーカー規制法では、恋愛目的のストーカーしか処罰できません。大勢が集団により組織的に連絡を取りながら、ターゲットに入れ替わり立ち替わり寄ってたかって、付きまとい、嫌がらせをする行為を処罰できません。またこういった行為を取り締まる法や条例はありません。一部、法や条例に触れる行為を別件で通報するしかありません。警察や市民相談でも、泣き寝入りせざるを得ないケースが大半なのが現状です。

   

集団ストーカー犯罪を包括的に処罰する法律、加担する者や組織に社会的に制裁を与える体制を、現代の日本社会でも整備しなければ、現在の集団ストーカー被害者のみならず、「明日は我が身」で日本国民誰しもが、この犯罪に巻き込まれ、苦しめられることにもなりかねません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

集団ストーカー雑感 (78)
集団ストーカー被害動画 (3)
集団ストーカー被害者活動 (198)
未分類 (113)
鉄道・雑記 (124)
鉄道・トイレ (3)
風景 (57)
バス (50)
懸賞 (28)
ラジオ (22)

月別アーカイブ

被害の経緯

被害に気付いたのは2012年1月6日。気付いたきっかけは、自宅から駅までの道中、老人男と若い男2人が立ち、若い男に「キモい」と言われました。そして駅の中でパソコンをいじる若い女の前を通り過ぎるや否や、こっちを見ずに「キモい」と言われました。短時間に立て続けに言われるなんて、組織的な犯行だろうと。で、どういう訳か「集団ストーカー」という言葉を知っていて、検索したら、心当たりのあることばかり書かれていて、集団ストーカーの被害に気付きました。被害に気付いてからは、むこうの加害行為は激しくなり、今に至っています。主な被害は、不特定多数が入れ替わり立ち替わり私の周囲に現れ、私しか知り得ない個人情報や悪口のほのめかし、付きまとい・待ち伏せ・監視、騒音・奇声、鉄道・バス・エレベータ・店など、私がいる空間に限って異常に混雑することが多い、ATM等で暗証番号を打つ時に限って背後に現れて覗こうとする、等が中心です。しかしそれ以外の集団ストーカーでされるあらゆる被害にも遭っています。在日創価信者が中心であるとした根拠は、自宅周辺での嫌がらせを行う人間が、創価学会や公明党を支持している家を出入りしているのを高確率で目撃する。嫌がらせをする人間に対して「創価学会」に関するキーワードを逆ほのめかしした時の反応が尋常ではない。創価学会のパーカーを着用した人間に嫌がらせを受けたことがある。ブログにありますが、創価学会本部職員による付きまといがある。どこへ行っても、一定の嫌がらせがあり、全国的に集団ストーカーを工作するネットワークが作れるのは在日創価信者しかいない。また過去に在日創価信者が集団ストーカーをやってるとの証言が、内部告発、被害者有志が捕まえた工作員、裁判等で明るみになっていて、これらを根拠に考えています。しかし在日創価信者だけが担ってる訳ではなく、他の組織も絡んでいると推測します。それらの組織をネットワークで結んで、集団ストーカーシステムを機能させている、その大きな役割を在日創価信者が果たしていると思います。

訪問者数の累計

検索フォーム

QRコード

QR