FC2ブログ
topimage

1か月もしないうちに風邪が再発 - 2019.01.19 Sat

火曜日から鼻の奥が痛くなり、
水曜日に花粉症の薬を貰うがてら診てもらいました。
目は花粉症が始まり、鼻のどは風邪という状況で、
花粉症?風邪?両方? ???と思いながら、
薬を飲んでやり過ごしてるところです。

で、耳鼻科で処方されたセファム系抗菌薬(抗生物質)を飲んだら、
1日後に激しい下痢になって、ネットで調べたら、
これに耐えうる整腸剤があるというので、ドラッグストアで買って、
飲んで抑えてるところです。

薬を飲んでも、寒い夜中に何度もお手洗いに行ったら、
その寒さで却って体調を悪くしてる気がしないでもないです。

セファム系は吸収率が低く多くが排出される割に、
腸にいる菌は殺しちゃうということで、
腸内環境がおかしくなって、下痢になるみたいですが、
売り上げが多いみたいですね。
集団ストーカー犯罪者をやっつける薬があればいいんですがね。

それにしても、マスク・除菌スプレー・乳酸菌・手洗い・うがいをしてるのに、
1か月もしないうちにまた罹ってしまうなんて何なんでしょう?
そういえば、私が電車・バスに乗ると、
集団ストーカー犯罪者の病人工作員が結構湧くので、
そいつらのせい?と思ってます。
病気をうつして、行動を制限させちゃえ抑え込んじゃえと。

電車・バス・その他不特定多数が集まる空間にいるにもかかわらず、
マスクをせず手でも押さえずに咳をゲホゲホしてる輩を多く見掛けますが、
こういったふざけた・マナーに悪い連中は大抵、
集団ストーカー犯罪大好きなカルトな団体の
集団ストーカー犯罪者だというのが、私の印象。
命令を出す輩は、工作員構成員の体調まで監視して、
病気であることを確認して、さまよわせてる気がします。
工作員のほうも、「風邪をひけば悪いものが外に出て身体に良い」
なんて思ってたりして。

指令のままターゲットにした被害者のそばでほのめかし・嫌がらせをしながら
口を開けて咳払い、ターゲットから離れても、密集する東京圏をさまよいながら、
あっちこっちで口を開けて咳払い、いろんなところをさわった手で違うところもさわり、
一般の方にまでうつしてる。

風邪やインフルエンザの工作員が口を開いてゲホゲホ咳して病原体をばらまいて、
病気でない一般の方がマスクして口を隠して武装して行動する、それでも罹る時は罹る、
そんなあべこべな理不尽な光景を結構見掛けます。

神奈川県・東京都などではインフルエンザ警報が発令中とか。
冬に感染を広げる原因のひとつに、あいつらが関わってるよな?と思ってます。

神奈川県内、現在のインフルエンザ患者の多さの順番は、
(保健所地域別1医療機関当たりの平均患者数)
1位厚木(厚木市・海老名市・座間市・愛川町・清川村)55. 38、
2位秦野(秦野市・伊勢原市)42.70、
3位大和(大和市・綾瀬市)38.27。
http://www.kanaloco.jp/article/383163

と県央の小田急線沿線に集中し、
醜い集団ストーカー犯罪者の多い地域ばかり。

相鉄線も少し掛かってますね
(あと秦野・厚木方面からの小田急線が海老名に着くと、
ドバッと降りてなだれ込むかの様に相鉄線に乗換える光景を見られますよね。
通り過ぎる横浜市内・相鉄線沿線のインフル患者数はどうだろう?)。

私も小田急線とか相鉄線を海老名から使うので、
うつされてもおかしくないです。
小田急線、東京都心と県央方面の往来に利用される、急行・快速急行は、
おしくらまんじゅうになるほど無茶苦茶混みますし
(複々線完成前より混雑が増してる気がします。
日中は快速急行に集中して急行は空いてます)。

東海道線沿線の感染率が低いなら、JRの電車賃が高くても、
そっち使ったほうがいいかな?なんて思うことも
(私が使う時は私鉄経由よりも1.5~2倍します)。
神奈川県・東京都で警報が出てるので、変わりませんか?


ところで、集団ストーカー犯罪の周知活動において、
正露丸みたいにその成分が持つ強い毒性で牽制するのが良いのか?
ビオフェルミンみたいに善玉菌を増やし悪玉菌を住みにくくして、
腸内環境を整えるのが良いのか?

一般の方に周知するのに正露丸みたいなのはダメでしょうし、
洗脳されて更正の余地無しの輩にビオフェルミンみたいのはダメでしょうし、
適材適所で使い分けるのがいいのでしょうか?どうなんでしょうか?

普段大丈夫と思っても、
病気やらトラブルやらいろいろアクシデントが起こりますから、
できる時にできることをしたほうがいいよな?と後悔しながら、
風邪をやり過ごしてるところであります。

近況(2019.1.16) - 2019.01.16 Wed

1週間以上、ブログの更新をしてませんが、
これといって特に無いです。

成人の日を含んだ3連休、集団ストーカー犯罪の、
防犯啓蒙周知活動をしませんでした。
活動をされた方におかれましては、お疲れ様です。

ツイッターにも記してますが、相変わらず、
すれ違い様に「死ね」「キモい」「気持ち悪い」
「殺す」「絶対殺す」とほのめかすのもいたとか、
寒い外で待ち伏せしてて、
私が歩くと一緒になって歩き出すのとか、
私の後ろを歩いてるカルトのメスが、
思い切り無理矢理絞り出すかの様に
必死になって咳をし続けたら、
更に背後を歩いてた監視員?指導員?のおっさんが低い声で、
「やめろ」と吐いたら、そのメスがぴたりと咳払いをやめたとか、
夜に路地を歩いてたら正面の袋小路で待ち伏せてた車が
ライトを付けてこっちに向かって走り出して通り過ぎたとか、
そんなこともありました。

あと昨日の午後から鼻の奥が痛くなって、
鼻炎になってしまいました。
1か月もしないうちにまた風邪かよって感じです。
ただ目もかゆみが出たので、花粉症かもしれませんし、
風邪と花粉症のダブルかもしれませんし、何だかわかりません。

そして、今日ですが、茅ヶ崎駅北口を歩いてたら、
「イエスキリスト」とか何とか白い文字で書かれた
黒いプラスティックの名札の学ラン男2人が近寄ってきて、
「キリスト教徒の者ですが」みたいな感じで声掛けてきたので、
カルト宗教団体などの集団ストーカー犯罪について話したら、
「もう少しお話ししませんか?」とか言ってきたので、断ったら、
「本当か嘘かかわりませんが・・・」とかふざけたこと言ってました。

「北海道から来た」ということも言ってて、
「どうして北海道から茅ヶ崎に来て布教してるんだ?」と思いつつ、
だからといってどこから来ようが私の知ったことではありませんが、
調べたらどうやらモルモン教徒みたいです。
全国あっちこっち回って声掛けて布教活動してるんでしょう?
まぁモルモン教徒もその実情、なんかいろいろあるらしいですね?

それにしても伝統宗教を掲げる新興宗教は結構ありますね?

平塚市の暴行死事件・・・と、すだれ - 2019.01.08 Tue

私の住んでる神奈川県高座郡寒川町から
相模川に架かる神川橋を渡った平塚市田村の団地で、
父が娘に暴行され死亡した事件が先日発生し、
NHK・フジテレビ・TBSが報道しました。

NHK
https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20190106/1050004964.html

フジテレビ
https://www.fnn.jp/posts/00409144CXL

TBS
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3565731.html

で、動画を見るとこの家、ベランダにすだれが立て掛けられてるんですよ。

すだれといえば、
7年前にデンチョウさんという集団ストーカー犯罪被害者の方が、
ブログで記事にしてます。

大発見!!!大スクープ!!!学会員宅と「すだれ」
http://2247st.blog24.fc2.com/blog-entry-440.html

ついでに私も被害に気付いた初期にパクってちょこっと記事にしてます。
すだれ
http://ahoudorimetoo.blog.fc2.com/blog-entry-17.html

デンチョウさんはかつて東京都大田区に住んでた
集団ストーカー犯罪被害者の方で、5~6年くらい前まで、
集団ストーカー犯罪の周知活動をバリバリされてました。
現在は大分県に移住されたらしく、近況は存じません。

ネットの情報で右往左往するのではなく、
「自分の被害は自分の足で調べろ!」という方で、
集団ストーカー犯罪被害者界隈、
今でこそ私は厳しい人扱いされてますが、
その上を行く厳しい人でした
(私が出始めた6年前は多くの方がそうでしたね。
全体として被害者を取り巻く環境が、今よりも厳しい環境にありましたし、
「戦う」意志が強くないと太刀打ちできなかったのかも。
あの頃の方からしたら私なんぞ甘口カレー。
私なんて最初チワワでした)。

話をすだれに戻して、「すだれなんかどこにでもあるじゃん?」
とお思いの方がいらっしゃるでしょうが、
創価学会員の住居にすだれが掛かってる確率が高く、
すだれの掛かってるところから集団ストーカー犯罪を仕掛ける輩が
結構いるんですよ。

そして、「どう考えてもおかしいだろ?」という掛け方をしてるのがあって、
すだれとして使うよりも、目印として使ってるんだな?
としか思えない様な住居もあります。

今回の動画でもすだれの立て方が変。

という訳で、今回の動画を見て、
「創価学会員とすだれ」を思い出したのでした。

平塚市田村は遠くないので通ったことがありますが、
もしかしたら遭遇したことあるんじゃないか?なんて思うことも。

人物像を予想すると、中肉中背、髪の脱色経験があって、
黒とかねずみ色のトレーナーとかスウェットかなんかで
徘徊したことあるんじゃないか?って気がしますが、
どうでしょう?正解?ハズレ?ハズレてもいいけど。


ちなみに、テレビ朝日・テレビ東京は報道してません。
新聞は、フジテレビと同じフジサンケイグループの産経新聞・夕刊フジ、
神奈川県の地元紙・神奈川新聞が報じてます。
朝日は、テレビ朝日・朝日新聞は報じてないけど、
朝日系スポーツ紙・日刊スポーツが
共同通信からの配信記事として報じてます。
日本テレビ・読売新聞、テレビ東京・日本経済新聞はどっちも無いみたいで、
創価学会の機関紙・聖教新聞の印刷を請け負う毎日新聞も取り上げてないです。
(新聞媒体は取り上げたところでも画像は無いみたいです)。

2019新春ポスティング(2019.1.5星川その2) - 2019.01.06 Sun

20190105_134627057_convert_20190106095242.jpg
昨日5日土曜日、集団ストーカー犯罪被害者有志2名の方と、
集団ストーカー犯罪周知防犯チラシのポスティングを、
神奈川県横浜市保土ケ谷区は相鉄線星川駅から歩いた
山の上の住宅地で行いました(私主催ではないです)。

20190105_134646301_convert_20190106095301.jpg
長年に渡って、相鉄線の高架化工事が続いてましたが、
昨秋に上り下り両方とも高架化を終えて、星川駅のホームが、
高架の新しいホームになりました。
ただコンコースは以前の仮設状態が続いてます。

20190105_142032812_convert_20190106095314.jpg
横浜市で平地なのは京浜臨海部ぐらい、多くのエリアが丘陵地帯ゆえ、
ポスティングするには、階段や坂道を昇り降りしないといけない、
非常に厳しいエリアです。そんな地形であっても住宅がびっしり建って、
中には崖の上にも住宅があったりして、東京一極集中に伴う、
そしてどんなところでも横浜を名乗れるということで、
横浜市内の多くの丘の上山の上斜面の上に住宅がびっしり建ってます。

20190105_145142716_convert_20190106095324.jpg
途中に神社があったのでみんなでおみくじをひきました。中吉1と大吉2。
おみくじのランクに一喜一憂するのではなく、これをどう捉えるか、
ランクよりも記された文章を熟読して背中を押して貰う、
おみくじをきっかけに考えるほうが大事なんでしょうね。

それとお賽銭投げてガラガラしてパンパン手を叩いて拝む時でも、
願望をひたすら念じるのではなく、これまで1年無事に過ごせたことを
感謝する、その気持ちのほうが大事だと思います。

ここの神社、お守り授与所とかの前に御神酒が置いてあって、
お賽銭を納めて各自でついで飲むことができる珍しい神社で、
立ち飲み屋気分で一杯飲みました(違うって)。おいしく頂きました。

12月に入ってから急速冷凍みたいな日々が続いてますが、
この日は若干緩んで10℃を超えた晴れの昼下がりを迎え、
そんな中3時間程行い約2000枚ポスティングしました。
御神酒を一杯飲んでからは、若干酔っ払って、
ポストに入れづらかったですが。

最後にポスティングを終えて、打ち上げを早々に切り上げ解散して、
しばらく経った21時41分頃、二俣川駅で人身事故が発生して、
相鉄線が1時間以上運転見合わせになったそうです。

という訳で、報告は以上です。

検察が個人情報入手のノウハウを内部で共有とか? - 2019.01.04 Fri

ネットでこんな記事を見付けました。

顧客情報、令状なく取得 検察、方法記すリスト共有
中日新聞 2019年1月4日 朝刊一面
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2019010402000066.html

 
 検察当局が、顧客情報を入手できる企業など計約二百九十団体について、情報の種類や保有先、取得方法を記したリストを作り、内部で共有していることが分かった。共同通信がリストを入手した。情報の大半は裁判所など外部のチェックが入らない「捜査関係事項照会」で取得できると明記。提供された複数の情報を組み合わせれば、私生活を網羅的かつ容易に把握できるため、プライバシーが「丸裸」にされる恐れがある。

 リストは、捜査当局が裁判所の令状なしで、個人情報を広く取得していることを示す。令状主義を定めた憲法に反するとの指摘もあり、手続きの不透明さが問題視されそうだ。

 入手したリスト「捜査上有効なデータ等へのアクセス方法等一覧表」によると、顧客情報は公共交通機関や商品購入の履歴、位置情報といった個人の生活に関わるもので計約三百六十種類。

 検察関係者によると、リストは最高検が捜査への活用を目的に、警察の協力を得て作成し、検察内部のサーバーに保管、随時更新している。

 最高検は情報公開請求に対し、リストの存在を認めた上で「企業側の利益を害し、捜査手法が明らかになる恐れがある」として開示を拒否した。

 捜査関係事項照会は、捜査当局が独自に企業側に出す要請にすぎず、捜査に必要かどうか外部のチェックは働かない。取得後の使用方法なども不明で漏えいリスクもある。当局への提供は顧客本人に通知されない。

 対象に挙げられた企業は、主要な航空、鉄道、バスなど交通各社やクレジットカード会社、消費者金融、コンビニ、スーパー、家電量販店などさまざま。買い物の際に付与され、加盟店で使用できるポイントカードの発行会社や、携帯電話会社も含まれている。

 入手可能とされた情報は、ICカードなどの名義人や使用履歴に加え、カード作成時に提出された運転免許証などの写し、顔写真も含まれる。リストにあるドラッグストアやレンタルビデオ店、書店の購入情報を加えれば、対象者の健康状態や思想信条、趣味嗜好(しこう)を把握することも可能だ。

 リストの約三百六十種類のうち、捜索差し押さえ許可状などの令状が必要と明示しているのは二十二種類だけ。残りの大半は捜査関係事項照会などで取得できるとしている。

 企業側の多くは、利用規約や個人情報保護指針に「法令に基づく外部提供の可能性がある」と記載しており、任意提供の根拠としている。



更に中日新聞系列東京新聞のサイトにはこういうのがありました。

検察、顧客情報入手方法リスト化 290団体分保有
東京新聞 【社会】 2019年1月3日 18時38分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019010301000873.html

検察当局が、顧客情報を入手できる企業など計約290団体について、情報の種類や保有先、取得方法を記したリストを作り、内部で共有していることが3日、分かった。共同通信がリストを入手した。情報の大半は裁判所などのチェックが入らない「捜査関係事項照会」などで取得できると明記。提供された複数の情報を組み合わせれば、私生活を網羅的かつ容易に把握できるため、プライバシーが「丸裸」にされる恐れがある。

 捜査当局が顧客本人の許可を得ず、包括的に情報を取得、活用するのは違法との識者の指摘もある。刑事訴訟法が想定していない事態と言え、議論を呼びそうだ。

(共同)



同じ記事なのに中日新聞と東京新聞で分けて掲載してる。
同じ記事なのにソースが中日新聞発と共同通信発でわざわざ分かれてる。
東京新聞はツイッターで他の記事を流してもこの件に触れてない
(中日新聞電子編集部はツイッターで流してる)。
検察のターゲットが記されてない。
東京新聞の記事は共同通信が配信してる記事で、
共同通信は日本国内の新聞社・NHK・民放に配信してるのに、
他の新聞社は多分ほとんどこれに触れない
(TBSラジオのデイ・キャッチは触れたと思います。他は知りません)。

と、どうも不自然に思えるところがあるので、
実は結構ヤバい案件で、多方面から収集、
集団ストーカー犯罪被害者の個人情報も収集してるんじゃないか?
なんて、メディアリテラシーど素人の分際で思うのですが、
どうでしょう?考えすぎですかね?

検察・警察はじめ国家組織には、集団ストーカー犯罪大好き団体の構成員が
日本乗っ取りの為に入り込んでるとの話がありますし、
情報提供する何百もの団体の責任者・総務関係だって、事情を知ってて、
提供してるんじゃないか?って思うのですが、どうでしょう?

特定の属性を持った職員が職権を乱用して、
裁判所の令状が不要な「捜査関係事項照会」で個人情報を入手して、
提供する側もそういう属性がいたり事情を知ったりしながら提供して、
集めた情報は集団ストーカー犯罪者群にも
お漏らしされてるんじゃないか?って思うのですがどうでしょう?

防犯パトロール・顔認証システムとかで、
登録された不審者が来たら嫌がらせして追い出す「攻める防犯」を
主張してる専門家がいるらしいですが、
普通に暮らす一般人を防犯パトロール・顔認証の不審者として勝手に登録して、
嫌がらせをすることもありますし
(ある属性の者が多く入り込んでる防犯パトロール隊があるらしいですし)、
入手した個人情報をこういったところにも回してるんじゃないか?と思うのです。

思ってることがビンゴなら、
前記事に「集団ストーカー犯罪者はテロリスト」と記しましたが、
公共機関はかなり侵食され、あの属性の勢力・影響力もがっちり築かれ、
一般の職員が異議を唱えられない・スポイルされる、
そんな深刻な状況にあるのでしょうか?

なら現状はとても恐ろしく危険ですね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

twitter

集団ストーカーとは?

集団ストーカー総合情報サイト「GSCバスターズ」 ● 集団ストーカー.info  ● 集団ストーカー教程  ●周知チラシ(pdf・表面)周知チラシ(pdf・裏面)をご覧下さい。     ※個別の説明も下に記載

プロフィール

あほうどり

Author:あほうどり
神奈川県高座郡寒川町在住(自治基本条例施行済・町議会議長は公明党出身)
集団ストーカー被害者です。「在日創価部落はじめカルトな新興宗教・政治結社・労組・組織・企業」に紛れる一部カルトなプロ市民から、日常的に、組織的なストーキング・嫌がらせ(行動監視・つきまとい・罵声・奇声・騒音・デマ・ネットストーカー・その他)の被害を受けています。組織的なストーキングは脱法ストーカーで、警察など公の機関に訴えても事件化・社会問題化してくれない・・・


当ブログはリンクフリーです。

天気

集団ストーカーの説明

有名人でも著名人でもない、普通に暮らす一介の日本国民の一部を勝手にターゲットにして、朝から晩まで時には深夜にも及んで、大勢で入れ替わり立ち替わり、ターゲットに寄ってたかって、集団により組織的に、付きまとい、行動監視、誹謗中傷・恫喝・個人情報などのほのめかし、騒音、進路妨害他、ありとあらゆる迷惑行為・嫌がらせ行為をします。これらをまとめて集団ストーカー犯罪と言います。別名ガスライティングとも言い、現代の日本社会でも行われている、人権を踏みにじった犯罪です。                                        そしてこの行為は在日創価信者からされているという報告や元信者・現役信者による内部告発が多く上がっています。またそれ以外にも、官公庁・企業・組織・団体・個人事業主の中にも加担するところや加害者がいます。地域のネットワーク・業界のネットワークを通じて行われることもあるみたいで、これらのネットワークを通じて、ターゲットを不審者・犯罪者に仕立て上げて、加害を行うこともある様です。 商売上付き合いで、集団ストーカーに加担せざるを得ないこともあります。自分が協力しないと自分がやられる、自分の店で買ってくれなくなると。またターゲットが店舗に出掛けると集団ストーカーの構成員も来て利益が上がるので、協力するところもあります。会社ぐるみで集団ストーカーを行う大企業も一部あり、その中には、多額の広告費を出す大スポンサーになってるところもあります。マスメディアはこういう広告主が行ってることを批判できません。       ターゲットにされるいきさつですが、勧誘を断ったとか、個人的な逆恨みとか、地域内での結束を強める為に勝手にターゲットにされた他、そのいきさつは多岐に渡ります。             集団ストーカーでターゲットをどうしたいかといえば、ターゲットを精神病・自殺・犯罪に追い込んで、社会的に抹殺することです。集団ストーカーの協力者に対しては、別の理由(不審者だからとか、ターゲットを良くするとか、ターゲットが喜ぶとか、集団ストーカー行為を正当化する理由)を仕立てあげて、集団ストーカーを依頼することもあります。また集団ストーカー構成員に対しての脱会防止の見せしめになる様です。まさに、カルト的な発想です。            現在のストーカー規制法では、恋愛目的のストーカーしか処罰できません。大勢が集団により組織的に連絡を取りながら、ターゲットに入れ替わり立ち替わり寄ってたかって、付きまとい、嫌がらせをする行為を処罰できません。またこういった行為を取り締まる法や条例はありません。一部、法や条例に触れる行為を別件で通報するしかありません。警察や市民相談でも、泣き寝入りせざるを得ないケースが大半なのが現状です。

   

集団ストーカー犯罪を包括的に処罰する法律、加担する者や組織に社会的に制裁を与える体制を、現代の日本社会でも整備しなければ、現在の集団ストーカー被害者のみならず、「明日は我が身」で日本国民誰しもが、この犯罪に巻き込まれ、苦しめられることにもなりかねません。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

集団ストーカー雑感 (123)
集団ストーカー被害動画 (3)
集団ストーカー被害者活動 (287)
未分類 (125)
鉄道・雑記 (152)
鉄道・トイレ (3)
風景 (72)
バス (57)
懸賞 (29)
ラジオ (46)

月別アーカイブ

被害の経緯

被害に気付いたのは2012年1月6日。気付いたきっかけは、自宅から駅までの道中、老人男と若い男2人が立ち、若い男に「キモい」と言われました。そして駅の中でパソコンをいじる若い女の前を通り過ぎるや否や、こっちを見ずに「キモい」と言われました。短時間に立て続けに言われるなんて、組織的な犯行だろうと。で、どういう訳か「集団ストーカー」という言葉を知っていて、検索したら、心当たりのあることばかり書かれていて、集団ストーカーの被害に気付きました。被害に気付いてからは、むこうの加害行為は激しくなり、今に至っています。主な被害は、不特定多数が入れ替わり立ち替わり私の周囲に現れ、私しか知り得ない個人情報や悪口のほのめかし、付きまとい・待ち伏せ・監視、騒音・奇声、鉄道・バス・エレベータ・店など、私がいる空間に限って異常に混雑することが多い、ATM等で暗証番号を打つ時に限って背後に現れて覗こうとする、等が中心です。しかしそれ以外の集団ストーカーでされるあらゆる被害にも遭っています。在日創価信者が中心であるとした根拠は、自宅周辺での嫌がらせを行う人間が、創価学会や公明党を支持している家を出入りしているのを高確率で目撃する。嫌がらせをする人間に対して「創価学会」に関するキーワードを逆ほのめかしした時の反応が尋常ではない。創価学会のパーカーを着用した人間に嫌がらせを受けたことがある。ブログにありますが、創価学会本部職員による付きまといがある。どこへ行っても、一定の嫌がらせがあり、全国的に集団ストーカーを工作するネットワークが作れるのは在日創価信者しかいない。また過去に在日創価信者が集団ストーカーをやってるとの証言が、内部告発、被害者有志が捕まえた工作員、裁判等で明るみになっていて、これらを根拠に考えています。しかし在日創価信者だけが担ってる訳ではなく、他の組織も絡んでいると推測します。それらの組織をネットワークで結んで、集団ストーカーシステムを機能させている、その大きな役割を在日創価信者が果たしていると思います。

訪問者数の累計

検索フォーム

QRコード

QR